【仕上げEssence】Step4のご案内

今月で最終月となりますが、いかがだったでしょうか。

少し難易度の高い仕上げもありましたが、色々な仕上げ方を体験するうちに確実にスキルが上がっていきます。

少し背伸びをするぐらいが、今後の処理が楽になるのが良いのですが、それだけだとモチベーションが下がってきます。

継続講座(Step4)では、【写真のキホン】に立ち返って、LightroomClassic。PhotoshopCC2019の機能を十分に使いこなせるように復習を兼ねて説明をしていきます。

また、今回の講座内容はLightroomClassic。PhotoshopCC2019取扱マニュアルになるように構成されています。講座終了後のDVDを購入されると、困ったところや忘れたところをピンポイントで動画閲覧できる構成となっています。

ぜひ、ご参加くださるよう心よりお待ちしております。

 


写真仕上げの最重要ポイント

写真仕上げの落とし所はどこか。

何を基準に仕上げるのかなど、仕上げの際に注意するべき最重要ポイントについて解説をしております。

何度も視聴すると、仕上げの基準や大切さが理解できます。


エクササイズ:ローコントラスト仕上げ

ローコントラストの仕上げは、難しいと言われています。

ほとんどの方は過剰に調整しすぎていますが、逆に全く調整しない画像だと写真として成立しなくなります。

どのようにして仕上げるのか、

何を基準に仕上げるのか

この点に特に注意して視聴してください。

※実際に仕上げてみたい方はメールいただければ、ドロップボックスにオリジナルをアップします。


エクササイズ:輝度差のある被写体の仕上げ

写真仕上げで最も難易度の高い輝度差のある被写体。

よく、HDR処理するよりもストレートな一枚の写真から仕上げるほうがより効果的に仕上げられます。

もちろん、HDRやレイヤー合成による処理も可能ですが、まずはストレートに一枚の画像からきっちり仕上げるスキルが必要になります。

※実際に仕上げてみたい方は、メールいただければドロップボックスにオリジナルをアップします。