適切なコントラストと階調

写真の仕上げとはなにか?

一言で言うと、コントラストと階調ですね。

彩度も階調の一部ですから、十分なコントラストと階調は必須といえます。

写真は記憶色に近づけた再現をするので、カラー表現では、コントラストや彩度は重要になります。

極論を言うと、どんなに彩度やコントラストが強烈であっても、階調の豊かさがあれば問題はありません。

今回の動画2本は、今後の写真仕上げにとって重要な要素が盛り沢山です。

必ず繰り返し視聴しましょう。

 


写真画質仕上げとは

HDR処理した作品仕上げ、もしくはそれに近い仕上げをよく見かけます。

確かに、階調が十分出て、色も鮮やかで美しいのですが…

画質が悪すぎることがほとんどです。

拡大して階調を見ると、トーンジャンプして階調が十分に表現できてない。

色調が極端で不自然など、多く問題点が見えてきます。

拡大しなければわからない場合であっても、なんとなく違和感がある場合があります。

それは、写真の再現性が的確でないからです。

では、写真画質仕上げとはなにか。

今回はHDR処理と比較して説明をしています。