視点磨きから表現磨きへ

写真を極める、スキルアップする時に最も重要になるのはモチベーションですが、では本当の意味でのモチベーションとは何か?と問われれると明確に応えられる人は少ないですね。

写真のモチベーションはコンテスト応募、写真集、作品展など多様にありますが、それは、真の意味でのモチベーションではありません。

モチベーションは他から与えられるものではなく、自らの内から湧き出る衝動のようなものです。

しかし、なかなかその境地になるには時間も、経験も、そして内省検討を繰り返さなければ出てきません。

自分一人では、その環境を十分作れませんし、かと言ってサークルに属しているとその小さなサークルの価値観に自分の作品を合わせないと理解されませんし、真の意味での個性が埋没されてしまいます。

このような繰り返しで、モチベーションが上がるはずもなく、先行きが常に見えない状態になります。

これらに左右されずに進むためには、テーマが必要です。

それも、切磋琢磨出来る環境での同一テーマこそが重要なのです。

Step1でカメラの操作や、写真を取ることの重要性に目覚めた今、テーマに合わせて作品を撮ることで、スキルアップを目指しましょう。


参考動画:布良浜海岸での撮影と仕上げ


参考動画:ND1000とモノクロ仕上げ