教材(富士と梅)仕上げの解説動画(完全版)

今回の仕上げは、作品的な要素よりも通常のスナップによくある時間帯の作品です。

本来このような時間帯に撮影することは殆どありません。それは光が硬く階調が綺麗に出せないことと、真上に光があるので画面のメリハリが無いからです。

しかし、仕上げという観点から言えば、このような状況の作品を綺麗に仕上げることはスキルアップに役立ちます。

今回の作品は梅の枝が多く、影もその分多いということです。その上、富士山の冠雪は輝度が高いので階調を出しながらバランスをとることは、それ程やさしくはありません。スキルアップのためのレッスンとしていい感じに仕上げてみてください。


補足動画 教材Nik Collection仕上げ別バージョン

補足動画になります。Nik CollectionでのHDR仕上げは、Photoshop限定のバージョンなので、PSCCとPSE共に使えるColor Efex pro4での仕上げの解説です。こちらは、どちらのソフトをお持ちの方でも処理できます。

ニューバージションは名称はコントラストカラーレンジではなくコントラスト(上段のもの)になっております。

さらに、皆様へのメッセージもあります。Photoshopのかたも是非御覧ください。


切り抜きツールの詳細説明

切り抜きツールは、アスペクト比の変更や画像の水平に役立ちますが、更に奥深い使い方があります。使い方によってはご自身の構図バランスをチェックすることが可能な「O」キーを使って、効果的な構成比率のガイドとして役立ててください。


補正ブラシのプリセットについて

補正ブラシの初期設定は「オールゼロ」が基本です。細かな設定ができる補正ブラシですが、その効果が残ってしまって、色調や濃度が思いもかけない結果になることがありますので、常に初期設定のオールゼロを設定しておきましょう。

尚、ALTから初期化に戻すことも可能です。スライダの調整の動画を御覧ください。