動物肖像教材仕上げの詳細

今回の教材で最も問題になったのがSilver Efex pro2での仕上げた後のフレームです。

アウトフォーカスイメージを演出するためのぼかしが、フレームにまで及ぶと仕上げに違和感が生じます。このフレームは紙焼きした時に枠まで焼き込んだ時に生じるプリントイメージの再現なので、シャープさが必要です。

背景焼きこみなども極端になると、違和感がでますので特に注意しましょう。

今回は、実際のプリントよりもデータのほうが分かりやすいと思いますので、データを元に説明しております。


動物肖像撮影と仕上げの詳細

今回の課題撮影と仕上げの詳細解説です。

提出していただいた皆さんの作品がとても良かったので、教材のような仕上げではなく、もっとシンプルに仕上げたほうがより良いイメージになります。

具体的な作品の比較で、より今回の仕上げのポイントが理解できると思います。