1.ローコントラストな被写体の露出        

ローコントラストな被写体を綺麗に仕上げるためには、仕上げるための適切な露出設定がとても重要です。

基本的なスキルアップのためにヒストグラムの読み方と露出の意味を繰り返しご覧になり、理解するようにしてください。


2.ローコントラストな被写体仕上げstep1        

ローコントラストな被写体の仕上げ方は今までのステップと違い、シャドーのディティールを出すことから始まります。最も気をつけることは、コントラストをつけすぎて階調を失う事のないように注意することです。


3.ローコントラストな被写体仕上げstep2        

色調・コントラスト全て終了してから、シャープや明瞭度を加えることで画像の輪郭が、鮮明になります。しかし、殆どの場合は過剰に加えています。今回はその程度と、色収差による偽色を抑える方法を解説しております。


4.訂正動画 明瞭度の確認について

解説動画で明瞭度の確認についての訂正動画となります。

解説動画で明瞭度の確認の際、違った場所をクリックしていたため変化が出ていない箇所がありました。正しい確認方法を今回の動画でご確認ください。尚、効果のオン・オフのチェックボックスについての解説もしてあります。

 


5.ローコントラストな被写体最終仕上げPS&PSE  

最終的な仕上げは、Photoshopが有効です。今後レベルアップと共により実感できると思います。今回も最終調整はPhotoshopで仕上げております。ぜひ、このステップを身につけてください。

PhotoshopCC・PhotoshopElements12共に解説しております。



6.補足 レンズ収差について

レンズ収差を改善することは出来ませんが、少し目立たなくする方法があります。この方法を公開します。