写真表現を選べる時代なりました

レタッチに後ろめたさを感じたことがありませんか。

写真は真実を写すものだから、写真というのだ。だからレタッチはやっていはいけない。という人もいます。

確かにドキュメンタリー・記録写真であればそうでしょう。

しかし、アートとしての表現は全く違います。

フィルム時代から、現像処理、プリントテクニックを含めてアートな表現を目指す人々は殆どと言っていいほど、画像処理をしていました。

ただし、ブラックボックス化して公開はされていません。

仮に公開しても素人の手に負えるほどの簡単なものではありません。

しかし、デジタル全盛の今はソフトで高度な写真表現がスキルさえ身につければ誰でも可能です。(それほど簡単ではありませんが、フィルム時代からしたらかなり難易度は低い)その前に、この障害(加工の後ろめたさ)を払拭しましょう。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    kotetu (日曜日, 15 2月 2015 19:33)

    コンテストなどのところだけで見るとまだまだ私のところではフイルム時代の先生方が息巻いています。触るのはよくない。モノクロはダメ。プリントサイズが合わない。いっぱいあります。先生のようにできなかったことがデジタルになって私は自由になったと思います。技術はいりますが暗室時代のような秘密はネットで手に入るようになり知ることが増えました。これからもよろしくお願いします。