花型フードとは

花型フードはカッコイイ、プロっぽい。高級レンズの証。などと思っている人はいませんか。

花形フードは意味があっての形です。それは広角レンズから望遠レンズまで使えるズームレンズの場合に、広角レンズで画面にフードが写らないように工夫した形なのです。

よってカッコつけるためではありません。

そういう意味では望遠側のフードとしては十分とは言いがたいですね。

よって、広角レンズでも望遠レンズでも単レンズのフードは花型ではありません。

ということは、付ける位置が少しでもズレているとフードが写ってしまいます。

フードが写らないように正確な位置に付けることが大切です。

フード同様に広角レンズ側では、フィルターにも気をつけましょう。よくある例が保護フィルターをつけたまま重ねてPLフィルターをつけている人がいます。これは画角によって、フィルターが写ってしまうことがありますから要注意です。

デジタルなら写った跡でわかりますが、フィルムカメラではわかりませんので、絞りを最小絞りまで絞り込んでプレビューボタンを押して、蛍光灯や白い壁など最も明る所で四隅を見てください。

ケラれていると角丸になってみえます。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    hkita (金曜日, 13 2月 2015 00:02)

    知らないことが一杯でいつもワクワクして拝見しています。

  • #2

    masahirohirose (金曜日, 20 2月 2015 14:59)

    hkitaさま
    コメントありがとうございます。これからも参考になる動画やコメントしますので、よろしくお願いします。