ステップアップリングを活用しよう

ステップアップリングをご存じでしょうか。

一枚のフィルターがあれば、フィルター径の違うレンズでも使用可能になります。

ちなみにステップダウンリングというものもありますが、これは小さいフィルターを大きいフィルター径のレンズに使用する際に使うもので、広角レンズや標準レンズでは絞りによってケラレ(画面の四隅が黒くなってしまうこと)が生じます。

基本的にはステップアップリングでお持ちのレンズの中で最大径のフィルターに合わせて使用します。

私自身は最大径が77mmなので、全て77mmにステップアップを揃えています。

以前バックの中身を紹介しました。

↓ ↓ ↓

 https://www.youtube.com/watch?v=y9nAgmm4RPU

フードを使わない理由のひとつは、速写性です。

もう一つの理由としてはステップアップリングを使用するとフードが使えない、もしくは使いにくいという理由によるものです。

よって、携帯の傘も必需品となります。

おすすめ商品を右にリンクを貼っておきました。

参考にしてください。


コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    PENTA爺 (金曜日, 20 2月 2015 09:13)

    先生の解説動画を見て、黒の折り畳み傘をバッグに入れるようにしてますが、未だ使ったことはありません。
    笠を使おうと思うと三脚が必須になると思いますが、笠の固定ホルダーでおすすめ商品があればご紹介下さい。

  • #2

    masahirohirose (金曜日, 20 2月 2015 14:58)

    Penta爺さま
    コメントありがとうございます。傘の使用については、固定するグッズがでているには出ていますが、雨を避けるとなると、風の向きに対応できないので役に立たないことと、逆にトラブルになるのでオススメしません。理由は三脚に傘をつけると風の抵抗を受けて三脚が動いてぶれてしまいます。もう一つは、突風が吹いたときに三脚ごと飛ばされる可能性があります。よって、傘を固定するフォルダーは使用せずに撮影するようにしてください。尚、レンズに入る光を避ける際には、ケーブルレリーズを使用するか、10秒もしくは2秒セルフタイマーを使用すると少し余裕が出来ますので、光を避ける時間が稼げます。一番よい方法はライブビューで画像を確認しながら光を避けて撮影する方法です。以上、出来るだけ頻繁に使って、使い慣れるようにしましょう。撮影会でも、持っているのに使っていない人がほとんどです。撮影のスキルは繰り返しのみです。面倒がらずに使うクセをつけましょう。その意味で、ワンタッチの折りたたみ傘は便利です。今回のブログで紹介した傘は、ワンタッチで開閉できます。

  • #3

    梶原 克己(福岡市) (土曜日, 28 2月 2015 16:25)

    露出モードの種類の説明でマニュアル露出でなければ撮れない写真があるの説明がありましたが、もっと詳しくお教え下さい。

  • #4

    梶原 克己 (福岡市) (金曜日, 03 7月 2015 14:17)

    宜しくお願いします。